「フィット」と「ワゴンr」どっち?比較

どちらとも幅広い年齢層から人気のある車としており、車購入を検討している方ではフィットとワゴンrのどっちにしようか悩まれる方も少なくないようです。普通乗用車とするコンパクトカーと軽自動車とする大きな違いはあるものどちらもこれまでの概念を超えた広い空間とし、利便性が良く乗りやすい車としています。

 

そこでここではフィットとワゴンRの比較を紹介していますので、今後の車の購入の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

フィット(コンパクトカー)VSワゴンR(軽自動車)の比較!

 

法廷費用維持費(10年間)

 

  • フィット
  •  自動車税1年間)34,500円 重量税(2年間)45,000円 自賠責保険(2年間)24,950円=694,750円

     

  • ワゴンR
  •  自動車税(1年間)10,800円 重量税(2年間)7,600円 自賠責保険(2年間)26,370円=277,850円

10年間トータルとして比較すると416,900円のかなりの金額の差としますが、1年では41,690円でひと月にすると3,474円とそれ程差はないようです。

 

燃費

 

  • フィット
  •  ホンダフィットのJC08モードの燃費は1.3Lモデルは26.0km/l、1.5Lモデルは21.8km/lとなっており、実際の燃費はカタログ燃費の6~8割としています。またコンパクトカーのガソリン車ではトップ3としています。

     

  • ワゴンR
  •  スズキワゴンRのカタログ燃費はJC08モードで26.8km/l~30.0km/l、新型のSエネチャージ搭載ワゴンRは32.4km/lです。実際の燃費は18~22km/Lとして軽自動車ではトップクラスとしています。

フィットとワゴンRの燃費を比較するとワゴンRの方が軍配としますが、軽自動車の割には購入価格が高いとして懸念する人もいるようです。

 

中古車相場

 

  • フィット
  •  1円~330万円

     

  • ワゴンR
  •  1円~198万円

中古車台数は圧倒的にワゴンRが多く、フィットの倍以上としています。また軽自動車は人気としていますので、ワゴンRにおいても高値買取としているところが多く、売却する際には高額査定も期待できます。

 

乗り続けるならフィット・ワゴンRどっち?

 

どちらも低燃費で小回りの利く車としており、ファミリー層からも人気としています。どちらにするべきか?フィットが5人乗りに対して、ワゴンRは4人乗りとしています。そこで他に乗用車として所持しており、通勤やこどもの送迎、買い物など日常に使用するなら低燃費としているワゴンRはおすすめです。

 

しかしそれ1台として家族4人での遠路とする旅行などはかなり厳しく、フィットの方が断然、利便性も高く余裕を持って乗車することが期待できます。そのためフィットとワゴンrのどちらが良いとは一概には言えず、使用用途や家族構成によっても変わるのではないでしょうか。